いま一番人気のある安全靴はアシックスのウィンジョブ!このサイトではウィンジョブの特徴や選び方、最安値価格を分かりやすく説明致します。

アシックス 安全靴【ウィンジョブ】選び方! - 徹底解説!-

Q&A

【ウィンジョブ vs ニューバランス】履き心地対決! どっちが上?

ネットを見ていたら面白い質問がありました。

アシックスの安全靴 vs ニューバランス 履き心地対決!

質問内容は以下の通りです。

アシックス安全靴ニューバランスのM1400とでは、どちらがクッション性が良いですか? 」

面白いと思った私は回答欄を見ました。

質問に対する回答は、

「質問が漠然としてる」

「アシックスのどの安全靴か分からないと答えられない!」

というものでした。

どちらかというと質問の仕方が悪いという批判でした。

結局ちゃんとした回答はありませんでした。

でも私は、「疑問に感じるのはもっともだ!」と思いました。
普通に比較したくなる内容だと思ったのです。

「履き心地が良い」にも色々あります。
私なりに改めて思う事を書いてみます。

質問者はなぜ「アシックスの安全靴」と言ったのか?

質問者さんは恐らく「ウィンジョブ」の事を言っていたのだと思います。

アシックスの安全靴は良い!ってしつこく言われた?

周りのみんながこう言ったんじゃないでしょうか?

「ウィンジョブめっちゃ履き心地良いよ!」
「もう普段靴でも良いくらいだよ!」

そしてあんまり何度も言われるから、

「ホントかよ?」
「でもニューバランスの上位モデルより履き心地が良いなんて事はないだろ?」

こう思ったんじゃないでしょうか?

アシックスの安全靴については、まだよく知らない状態だったのではないでしょうか?

ニューバランスで最高の履き心地は「M1400」と考えた?

「ニューバランスで一番履き心地が良いのはどれだろ?」

「やっぱM1400だよな!」

「アシックスの安全靴が、M1400より履き心地が良いなんてあり得るの?」

「もしそうなら無条件で”買い”だよな」

「でも、まさかなぁ?」

「よし!質問してみるか!」

こんな感じで質問したのだと思います。

ニューバランス「M1400」の履き心地ってそんなに良いの?

私もニューバランスの靴は大好きです。

M576を履いていました。
吸い付くようなインソールの感じや軽さ。
ヒール部分の革の柔らかさ。
足が滑りこむ履きやすさ。

ムギュっと感やしっとり吸い付き感。
ホントに快適でした。

私が感じたM1400の履き心地は?

しかし、M1400を履いた時は・・・衝撃でした。
「これ欲しい!超絶欲しい!!!」

本当に激しく欲しくなりました。
試着で履いて、もう脱ぎたくなくなりました。

もう雲の上にいるような履き心地でしたから。

その時は財布の都合で諦めました。

だって2万円以上しましたから・・・。

だから私には質問者の気持ちがわかります。
私も誰かに「履き心地が最高だ!」といわれて引き合いに出すなら、やっぱり「M1400」だと思うからです。

アシックス(ウィンジョブ) VS ニューバランス

なんだかスカイラインとポルシェってどっちが早いの?的な感じですよね。
なんか面白いです。

気になりますよね。
「ウィンジョブ買おうかな?」と思っている方には気になると思います。

私の感じている事を書きます。

「ウィンジョブFIS32L」VS「ニューバランスM1400」の場合

ズバリ!

M1400の圧勝です。

ウィンジョブ32Lは快適だが、あくまでも安全靴。

ウィンジョブ32Lは安全靴としてはありえない軽さを実現した凄い靴です。
「スニーカーのような安全靴」を追求した一つの完成形だと思います。

インソールは一体型でペタンと平面的です。
いたってシンプル。

なぜ履き心地がもてはやされたのかというと、圧倒的な軽さです。

安全靴としては異例の軽さです。

私も履いた時、これが安全靴?とビックリしました。
※正確にはプロテクティブスニーカーです。
「まるで学校の上履きみたいな軽さだな」と思いました。

但し、あくまでも「安全靴なのに」という基準があっての話です。
32Lは先芯もあるし、踏抜きや剥がれに対する強度も求められるJSAA規格のプロテクティブスニーカーです。

履き心地だけを追求できるM1400と比べるのは酷というものです。

しかも32Lには、アシックスの秘密兵器である「αゲル」が搭載されていません。
抜群に軽くて、通気性最高の安全靴ですが、スニーカーと比較すればちょっと勝てないと思います。。

「ウィンジョブ(FIS41L/FCP106)」VS「ニューバランスM1400」の場合

ウィンジョブは一部の廉価モデルを除いて、かかと部分に「αゲル」が搭載されています。

αゲル搭載モデルだから履き心地はかなり良い!

◆軽い(メッシュ)

◆αゲル搭載

◆ひも靴

◆ローカット

ウィンジョブでこのような条件で絞り込むと、以下のモデルとなります。

◆FIS41L(旧モデル)

◆FCP106(新モデル)※41Lの後継品

これらはかなり履き心地が良いです。

立体成形のインソールは、土踏まずを下からサポートしてくれます。
しかも靴の中で足が滑りません。

なんといっても「足との一体感」が凄いです。
昔の安全靴と違って動き回っても大丈夫。

「安全靴」だという事を忘れてしまいます。

でもやっぱりM1400にはかなわない。

そりゃそうでしょう。

ニューバランスのM1400は高級スニーカーです。
履き心地を追求しています。

一方、ウィンジョブはあくまでも安全靴です。

求める機能が異なる!

JSAA規格のテストを合格するだけの安全性が確保されています。
その上での履き心地です。

M1400は、ようなふわっと包み込む、吸い付くような履き心地。
ウィンジョブは、土踏まづをしっかり支えて踵の衝撃を抑えてくれる感じ。

土踏まづのアーチ感はM1400にはありませんから、そこはウィンジョブの特長です。

履き心地は違うので、もしかしたらウィンジョブの方が良いと感じる方もいるかもしれません。

でも、雲の上を歩くような履き心地のクラシックモデルのM1400。
履き心地で勝てるかというと・・・。

やはり比べること自体が無理な気がします。

もちろん、安全性や耐久性、滑りにくさなどで比べれば断然ウィンジョブです。

だって価格が違う!

M1400の価格は2万円以上します。
一般的なモデルのウィンジョブは1万円以下で買えます。

価格でも倍以上の差があります。

なんでもそうですが、価格の差はそのまま使い心地に直結します。

使う素材も変わるし、製造する手間も変わってきますからね。

まとめ

ウィンジョブは安全靴として抜群に履き心地が良いです。

安全靴業界を席巻しています。

でも履き心地だけでM1400と比較すれば・・・。

勝てないと思います。
(あくまでも個人的な感想ですが・・・)

「安全なのに履き心地が良い!」それがウィンジョブ!

ニューバランスのM1400を履いて工場では働けません。
台車のストッパーをM1400で操作し続ければすぐ破れます。
釘だって簡単に踏抜くし、つま先に物を落とせば簡単に足の指を骨折します。

普段靴はM1400。
仕事靴はウィンジョブ。

これなら最高です。

あくまでも私見という事で。
では!

-Q&A

Copyright© アシックス 安全靴【ウィンジョブ】選び方! - 徹底解説!- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.