いま一番人気のある安全靴はアシックスのウィンジョブ!このサイトではウィンジョブの特徴や選び方、最安値価格を分かりやすく説明致します。

アシックス 安全靴【ウィンジョブ】選び方! - 徹底解説!-

Q&A

安全靴と作業靴の違いとは何か?

もし「安全靴買ってきて!」と言われたら、どんな靴を買いますか?

作業靴と安全靴って何が違うのでしょうか?

2つの認識があると思うのでそれぞれ説明したいと思います。

安全靴と作業靴の違い1(一般的な誤った認識)

世間一般の方は安全靴と作業靴をどう区別しているでしょうか?

恐らくこんな感じだと思います。

【作業靴】・・・汚れに強くて洗いやすい、動きやすくて滑りにくい靴。

【安全靴】・・・つま先に硬いガードがついた作業靴。

作業靴というくくりはあって無いようなものです。
その靴を使う人が「これで作業しよう!これ作業靴!」と決めて使うものです。
客観的に区別するのは難しいですね。

安全靴については、つま先に鉄とかプラスチックの硬い覆いがあって、頑丈な靴だという共通認識があると思います。
ホームセンターのワーキングシューズのコーナーに行って、先っぽが硬ければ安全靴、柔らかければ作業靴。

一般的にはそういう認識だと思われます。

安全靴と作業靴の違い2(正しい認識)

上記の「安全靴」についての認識は、実は間違いです。
正しい知識は以下の通りです。

【作業靴】・・・上記と同じ認識。

【安全靴】・・・JIS規格(JIS T8101)の認証を受けた靴。

安全靴にはJISマークがついています。
JIS T8101の性能テストに合格して、品質が保証された靴のみが「安全靴」です。

「つま先が保護されているから安全靴」というのは間違いです。

「安全靴」という言葉は、日本工業規格(JIS規格)の中で定義された言葉だからです。

だから本来職場で「安全靴を使用しなさい」と言われたら、このJISマーク(JIS T8101)のついた作業靴を使わなければなりません。

まとめ

一般的には「安全靴」という言葉はあいまいな認識です。
でも正式な意味を知っておく事で、コンプライアンス順守での仕事ができます。

「安全靴」=「JIS規格」

これはしっかり覚えておきましょう。

最近は圧倒的にプロテクティブスニーカーの時代!

最近はJSAA規格プロテクティブスニーカーが人気です。
理由はコレです。

蒸れない!
軽い!
疲れない!
カッコいい!

運送業や軽作業など、安全靴ほどの堅牢性が必要じゃない現場では、みなさん履いています。
特に売れているのはウィンジョブです。

詳しくはこちらの記事で。
⇒ アシックスのウィンジョブってどんな安全靴?特徴やコンセプトは?

-Q&A

Copyright© アシックス 安全靴【ウィンジョブ】選び方! - 徹底解説!- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.